アニメ『アイマス』#8~#14にて劇中で使われたアイマス曲を振り返る

 ニコニコ組では14話までが終わり、いよいよ後半戦となるアニメ『アイドルマスター』。
画像

 その魅力に、豊富な劇中歌があります。

 アニメ『アイマス』では劇中にエンディングにちょっとした場面にと、百数十曲のアイマス曲を惜しげもなく贅沢に使っているので旧来のファンは思わず「うおおおおっ!」ときてしまうんですよね。


・参照:どれがアイマスの曲で、どれがアイマスじゃない曲なの?
・参照:『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2』シリーズ全曲レビュー(09まで)
・参照:THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 SECOND SEASON全曲レビュー
・参照:アニメから『アイマス』にハマるのに最適かもしれないCD3種


 14話からは新OPが始まったことですし、今回は以前1話から7話までの劇中歌をご紹介した続きとしまして、13話を除いた8話から14話までで劇中にて使用されたアイマス曲をご紹介。


#1~#7は→コチラ
#13は→コチラ

#15~#20は→コチラ




○アイドルマスター 第8話「しあわせへの回り道」


画像



・『晴れ色』



画像

作詞:伊那村さちこ
作曲:小西裕子
編曲:佐藤ノリチカ
収録:『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 03
 あずささん完全新曲! 
 あずささんが持つ自然体の優しさや温かみを歌ったかのようなとても柔らかな曲。高原の匂いを保ったまま街を吹き抜ける爽やかな風のような、それでいて温かく包み込むような、あずささんの笑顔そのものを音楽にしたような、そんな歌でした。


・『ハニカミ!ファーストバイト』


画像

作詞:後藤裕之
作曲:中川浩二
編曲:中川浩二・増渕裕二
収録:『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 03
 竜宮小町新曲!
 しかもあずささんメインという珍しい構成の歌。結婚式のファーストバイト、つまりウェディングケーキの「あ~ん」を題材にしたかわいらしい曲。あずささんの柔らかい感じのラップ調パートが実にかわいい。


・『Shiny Smile REM@STER-A』



画像

作詞:朝日祭
作曲:Yoshi
編曲:林部亜紀子
収録:『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 05』『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 03
 3話で用いられた『Shiny Smile』のユーロ風アレンジ。真の「レッツゴー!」とかあずささんの「いやぁ~ん!」など、なんだかよく分からない奇妙な盛り上がりの一曲。


・『エージェント夜を往く』



画像

作詞:LindaAI-CUE
作曲:LindaAI-CUE
収録:『THE IDOLM@STER MASTERPIECE 02』『THE IDOLM@STER BEST ALBUM ~MASTER OF MASTER~』など
 真の初期の持ち歌。非常にかっこいい曲調とエロティックな歌詞で人気を博した。こういった初期の音楽のクォリティの高さが、アイマスは単なるギャルゲーじゃないという印象を多くのユーザーに与えたと思う。ニコニコ動画においては、亜美の特徴的な歌い方が「とかちつくちて」と聞こえることで話題になった。
 アレンジ版の『ReM@ster』版ではそれぞれ特徴的なアレンジがされているのでぜひ聴いてほしい。


・『迷走MIND』



画像

作詞:小野田裕之
作曲:中川浩二
収録:『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 04』『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 03
 これまた非常に格好良い、真の持ち味が生かされた歌。まるで特撮ヒーロー番組の主題歌のような激しく緊迫したソリッドなメロディが人気。
 ゲームにも収録されているので、個々の歌い方の違いをぜひ聞き比べて楽しんでほしい。ダンスもやたらとかっこいい。




○アイドルマスター 第9話「ふたりだから出来ること」


・『NEXT LIFE』



作詞:遠山明孝
作曲:遠山明孝
編曲:遠山明孝
収録:『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 03』『THE IDOLM@STER BEST OF 765+876=!! VOL.01』など
 劇中ではイントロしか流れなかったけど、もともとイントロが1分以上ととても長い。響の初期の持ち歌で、響のスタイリッシュな格好よさを徹底的に磨き上げて表現したトランス調の一曲。


・『黎明スターライン』



画像

作詞:LindaAI-CUE
作曲:増渕裕二
編曲:増渕裕二
収録:『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 02』『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 08』など
 アイマスの中でも1・2を争う問題作の一曲といっても過言ではないかも。往年の『コナミ矩形波倶楽部』、もしくはファミコンのナムコゲーを髣髴とさせるようなエッジの立ったプログレッシブ。少なくともアイドルの歌じゃあない。
 出だしのロケット発射から加速度的に盛り上がっていくメロディ、難解な単語をちりばめた歌詞、全てがアイマスにおいて異質で、それだけにコアなファンが多い。中の人も「分からない」こと前提w
 ちなみに、「STAR」を日本語入力に直すと「とかち」が現れるのはおそらく『スタ→トスタ→』と同じく狙ってる。




○アイドルマスター 第10話「みんなで、少しでも前へ」


画像



・『L・O・B・M』



画像

作詞:mft
作曲:高田龍一
収録:『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 01』『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 03』など
 歌詞のフレーズの1文字目をつなげると50音になるという言葉遊びを盛り込んだ一曲。「自分を表現し、世界を華やかにする」ことを描いている、「職業:アイドル」の彼女たちにふさわしい歌。
 『MASTER SPECIAL』シリーズにてデュオで歌われ続けてきた一曲。「ラブミサイル前弾発射!」という歌詞の通りとても勢いのある歌で、運動会のシーンにぴったりだった。



・『Alice or Guilty』



画像

作詞:上江洲誠
作曲:濱本理央
収録:『THE IDOLM@STER Jupiter
 『ジュピター』初の楽曲。ダークかつスタイリッシュで、まさに961プロが差し向けたライバルとしての風格が滲み出ている。アニメでは一瞬しか流れなくて思わず爆笑したけど、ゲームではトラウマになるほど何度も聴くことになるはず。


・『GO MY WAY!!』



画像

作詞:yura
作曲:神前暁
収録:『THE IDOLM@STER MASTERWORK 01』『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 03』など
 通称「ごまえ」。XBOX360版『アイドルマスター』から追加されたオールスター曲。困難があってもくじけず自分の道を進むことの素晴らしさを謳った歌で、アイマスファンならみんなこの曲を聴くと元気になれるはず。明るく希望に満ちた歌詞とメロディは、最もアイマスらしいアイマス曲だと思う。勇気付けられ、同時に泣ける。アニメでは貴音と響も加えた765プロ全員に、さらに876プロのメンバーまで加えた総勢16人での合唱で更に感動。
 作曲の神前暁さん、歌詞のyuraさんの黄金コンビ。一部ではこのコンビを「ごまえコンビ」と呼ぶ向きもある。
 ニコ動では「胡麻和え~」ややよいの「みてれぅ~」などの空耳でも人気を博した。ニコニコ市場が実装されるとユウキ食品の「胡麻和えの素」が貼られて飛ぶように売れ、噂ではニゴさんにはユウキ食品から感謝状と「胡麻和えの素」一式が贈られたらしい。






○アイドルマスター 第11話「期待、不安、そして予兆」


画像



・『笑って!』



画像

作詞:伊那村さちこ
作曲:DY-T
収録:『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL SPRING』『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 05
 卒業、別れ、そして途切れない絆を描いた青春ソング。11話では、歌の序盤の前向きな歌詞がレッスンや学業をがんばる彼女たちに良く似合っていたと。
 MADもあまり作られていないしファンの間でもあまり話題に上ることはないけれど、とても染み入る歌詞とメロディを持つ隠れた名曲。


・『START!!』



作詞:白瀬彩
作曲:宮崎誠
収録:『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 01』『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 05
 『MASTER ARTIST 2』シリーズからの選曲はアニメではこれが初めてかな? 実に春香らしい突き抜ける光のような、『アイマス2』の始まりとしてこれ以上ないほどに相応しいアップテンポの曲。
 ラストの「よーい、ドーーーーン!!!」は、春香という女の子が持つ、誰でも暖かい気持ちにする太陽のような明るさ、素敵さ、その魅力を如実に現していると思う。




○アイドルマスター 第12話「一方通行の終着点」


画像



・『ふるふるフューチャー☆』



画像

作詞:朝日祭
作曲:Yoshi
編曲:Yoshi
収録:『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 03』『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 03』など
 美希の子供っぽさ、甘えんぼうな部分を前面に押し出した持ち歌。意外と思われるかもしれないけど、専用曲というわけではなくて、『ライブフォーユー!』ではみんなが歌える。
 無印『アイドルマスター』での美希はある一定条件を満たすとP(ハニー)に対してラブラブな通称『覚醒美希』状態となるんだけど、その美希にぴったり。


・『Do-Dai』



画像

作詞:mft
作曲:中川浩二
収録:『THE IDOLM@STER MASTER LIVE 03』『THE IDOLM@STER BEST ALBUM ~MASTER OF MASTER~』など
 美希が街頭インタビューに応えながら歌ったのが『Do-Dai』(どーだい)。とある女の子のドタバタな恋模様をコメディチックに描いた楽しい曲。美希や亜美真美、やよいあたりが歌うと実に良く似合ってる。
 ニコニコ動画では【踊ってみた】作品が多い。


・『ショッキングな彼』



作詞:mft
作曲:中川浩二
編曲:中川浩二・増渕裕二
収録:『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 06』『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 05
 肉食系女子の視点からの恋模様を描いた、これまた可愛い美希の専用曲。激しく、したたかに、時々セクシーに、オトコノコを翻弄する美希にクラクラする。特にFullバージョンの大サビは鼻血を噴出しそうになること請け合い。





○アイドルマスター 第14話「変わりはじめた世界!」


画像



・『CHANGE!!!!』



画像

作詞:yura
作曲:内田哲也
編曲:内田哲也・橋本由香利
収録:『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 04 TVアニメーション「アイドルマスター」CHANGE!!!!
 作曲は内田さん、作詞はyuraさんの、これまた豪華コンビによる14話からの新OP曲。『READY!!』『自分REST@RT』と来てどこまでも突き進む突破力のあるスタートを切り、そのままの勢いで新しい自分に変わっていく彼女たちの活き活きした姿を描いている。
 疾走感溢れる曲と力強い歌詞は誰にでも受け入れてもらえそう。PS3版も発売されるタイミングと重なり、ぜひ多くの人に聴いてもらいたい。
 「どこまでもshow must go on!」という歌詞は、たとえアニメが終わってもアイマスという物語がいつまでも続いていくことを予感させる力に満ちている。まだまだここからだ!


・『キミはメロディ』



画像

作詞:遠藤フビト
作曲:内田哲也
収録:『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL WINTER』『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 05
 駆け抜ける明るさと天使の羽根のような柔らかさがある一曲。通称『キミメロ』。みんな一人一人それぞれの素の魅力を表に出すことの素晴らしさを伝える内容になっていて、アイドルそれぞれが各々の仕事に邁進する姿を描いたシーンにぴったりだった。
 『アイドルマスターSP』からの全員曲なので貴音も響も含めての歌になっている。


・『Colorful Days』



作詞:中村恵
作曲:佐々木宏人
収録:『THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL 765 “Colorful Days”』『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 05』など
 『アイドルマスターSP』のテーマソング。みんなそれぞれの色、それぞれの素敵さがあるんだよということを歌い上げた名曲。最初は当時961プロ所属だった貴音と響を除いた10色を描いた歌だったけれど、その後、765プロに移籍した二人を加えた「12 Colors」バージョンが『MASTER SPECIAL 06』に収録された。





 というわけで、8話~12話、及び14話の挿入歌まとめでした。いやー、本当にふんだんな楽曲を贅沢に使っていて見ていて飽きないですね! アイマスの楽曲に囲まれた生活は本当に楽しいです。





 アニメもまだまだ盛り上がりそう。皆さんも佳いアイマスライフを!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック