『READY!!』いい曲だね! Mステ5位ランクインおめでとう!

 いやー、『ミュージックステーション』でも5位で紹介されたそうで。 大人気ですな! アニメ『アイドルマスター』OP曲『READY!!』。






 というわけでシングルCDも買ってきましたよ! いやー!カップリング曲も含めて実にいいCDだ!

TVアニメ「アイドルマスター」オープニング・テーマ「READY!!」《DVD付初回限定盤》
日本コロムビア
2011-08-10
765PRO ALLSTARS

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TVアニメ「アイドルマスター」オープニング・テーマ「READY!!」《DVD付初回限定盤》 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





 というわけで今回は、『READY!!』のレビューと行ってみましょう。



・READY!! (M@STER VERSION)



 実にいい曲だー!
 神前さんの煌びやかな楽曲に、和気藹々としつつもNo.1とONLY1を目指すyuraさんの詞が合わさってとんでもない名曲に仕上がってる。というか、『作詩:yura 作曲・編曲:神前暁 歌:765PRO ALLSTARS』の文字列を見るだけでグッと来る。

 1回聴いただけで引き込まれるような曲じゃないけど、聴けば聴くほどにしみこんでくる、実にアイマスらしいスルメ曲。何度も何度も聴いているうちにどんどん好きになって、さらに何度も何度も聴きたくなってしまう。
 前半はとにかく華やかでウキウキする。アイマスというコンテンツをドコまでも吹っ飛ばしてくれそうな力強さに溢れてる。後半のパートで分かれる部分は、それぞれの『アイドル』に賭ける想いが伝わってくるような、強く深い感情に溢れていて、「ああ、プロデューサーやっててよかったなあ」って気持ちになるw
 このCD収録版で初出になった間奏のギターソロとDメロは、これまた神前さんらしく天まで届きそうな飛翔感があって素晴らしい。そこから一瞬溜めてのラストのサビは、アイマスのこれまでの歩みとこれからの歩みを照らしているかのような輝きに満ちていて、聴いていると自然と涙が溢れてくるのよね。

 yruaさんの詞がまたいいよね。yuraさんらしい言葉遊びに、『アイマス』そのものを体現している「『No.1』を目指す強さと『ONLY1』になれる重み」を織り込んでいる。楽しく、美しく、そして真摯な歌詞。本当に心に響くんだ。

 聴いていると、なんだかステージで踊る彼女達を幻視する。"プロデューサー"としてこの上ない歓びだ。アニメという大舞台、「ここ一番」にこんな名曲を書いてくれる神前さん&yuraさんの鉄板コンビは本当に凄いし、とても感謝したい。ありがとう。





・おとなのはじまり


ゴーゴーレッツゴーアダルト! アハン♪

 これはwwww
 伊織やよい亜美真美の年少組4人による、「せくしーを目指したけどなんかちがう」一曲。というかアニメ2話そのものだねw

とにかくコケティッシュに、そして元気に。でも最後でちょっとだけ、ほんのちょっとだけいい感じに。この子達の未来をちょっとだけ見られるような、そんなキッズソング。





・おもいでのはじまり


 うって変わって、春香真雪歩の17歳トリオによる、ちょっと切ない『思い出』をテーマにした一曲。オレンジ色の空、放課後のバス停、ひこうき雲……彼女達が、今の彼女達にしか感じることのできないであろう景色を描きながら、美しい青春の1ページを歌にして残しているような、そんな曲。
 程よく切なく、適度に明るく、充分に青春している、とてもアイドルソングらしいメジャー感溢れる歌なので、親しみやすいと思う。聴くほどにこの三人を好きになるような魅力がある。




・READY!! (M@STER VERSION) (Instrumental)


 ああ、これから始まっていく。これまでが照らされている。光に満ちている伴奏が、いやおうなしに彼女達の輪郭を浮かび上がらせる。聴き込んでいく度に歌詞が曲に乗ってきて、インスト聴いているだけなのに泣けてきてヤバイ。





 初回限定版にはノンクレジットOPやライブ映像などが収められたDVDが付属。まだ在庫があったらこちらの方がお徳かも?





 というわけで、『READY!!』レビューでした。オリコンでもデイリー3位に入ったそうで絶好調のアイマス、これからも楽しんで生きたいものです。アイマスをよく知らない方も、この曲から入ってみるのもいいかもしれません。とにかく彼女たちのことをどうぞよろしく。
 アイマス音楽についてはこちらの記事などもご参照ください。
・参照:アニメから『アイマス』にハマるのに最適かもしれないCD3種





 それでは、皆様も佳いアイマスライフを。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック